イエスマンに、なりたくないかい?

めっっっっっっちゃツライ!!!

 

うつ!!!!!めっっっっちゃつらいっ!!!!!

 

 

ぼく、1年前、110kgあったんです(ブヒ

 

で、いつもどおり、「死にたい死にたい死にた(ry」って考えながら、布団との絆を高めていました。

 

お風呂に入ることもできない精神状態で、気力がマイナス5800万オーラでした。

 

服は4日間同じ、臭いは気になりません。

汗がギトギトしているのに、寝続けます。

おしっこを我慢仕切れないときだけイモムシのようにはいずる生活です。

 

ぼくはこのころ、なにをするときも、「NO」でした。

 

起きる。

歯を磨く。

顔を洗う。

食べる。

動く。

外に出る。

テレビを見る。

遊ぶ。

好きなことをする。

お風呂に入る。

人と話す。

……

 

これらすべてに、「NO」でした。

 

うつは、「好きなこと」、「楽しいと思っていたこと」、の価値すらなくしてしまいます。

 

 

いま、ぼくは、たくさんのことに「YES」と言えるようになりました。

 

うつでない人と比べると、まだまだ少ないですが、かつて、「なにも感じなかったこと」に「喜び」や「心地よさ」を感じています。

 

コンビニが営業している間中、ずーーーーーーっと、目と耳と口をおおい隠して、現実から逃げるように寝ていました。

寝ることだけが、唯一の逃避の手段でした。

 

そんなぼくが、どうして「YESMAN」になっているのか、この記事でざっくりとお話ししています。

あるぜ。うつを脱出する方法。スモールステップさ。

 

この記事では、「NO」に支配された頭を、「YES脳」にするための、ヒントをご紹介しています。

 

そして、この記事を読んでいただければ、いまもなお「うつ」に悩むぼくが、どうして、こんなふうに、泳げない自分を荒れ狂う海に身投げするような、ヤムチャをしやがっているのか……。

 

少しだけ、わかっていただけると思います。

 

 

 

 

リタイアすると楽しいのってなんでなん?

そりゃあラーメン屋さんのトッピングが、「この世に存在する食材ならなんでもご用意できます」なんてことになったらサイコウじゃないですか。

そうですよね。

 

“常識”からリタイアすると、決められた道の中から選んで、安全なルートだけを歩き続ける社畜人生をフルボッコにできるんです。

すっげえきもちいいですよね。

 

ラーメン屋さんにあるトッピングの種類は少ないです。

「全部乗っけちゃって!!!」なんて気前よく言っても、せいぜい10や20です。

 

どのお店もそうなので、いつのまにか、それが普通だと思っているんです。

トッピングが3つしかないお店に入っても、「そんなもんか」と、すぐに納得します。

 

ぼくだったら、おやっさんが奥さんと切り盛りしてるアットホームなお店で、おやっさんとめっちゃ仲良くなって、「おやっさあん!チャーシュー厚めに切って衣つけてジュワ〜って揚げたやつトッピングしてよおっ!あ!ついでににんにくの塊もゴロっと揚げちゃって!!」と、メニューにないものを頼みます。

そして、お勘定のときに、「ありがとね!」と言って、1000円多く支払います。

 

やりませんし、やれませんよね?だれも。

非常識だって?

 

おバカさんですねえ。

言ったでしょう。

「おやっさんが奥さんと切り盛りしてるアットホームなお店で、おやっさんとめっちゃ仲良くなって」から言うんです。

 

ゴンがゲンスルーをボコれたのは、「このシチュエーションなら勝てる」と言う場面を、自分で「作った」からです。

 

 

洗脳された人たちって、これができないんです。

針さされっぱなしのキルア状態ですね。

 

与えられた条件と、常識の中でしか、ものごとを考えられなくなっているんです。

「自分の能力を最大限に発揮して、状況を変えて、新しい道を切り拓く」ことができません。

 

①欲しいトッピングがないなら、作ってもらえばいい。

 

②そのために、コミュニケーション力を発揮して、まずは気軽に無茶なお願いを言えるくらいの、親密な人間関係をつくる。

 

③そのあとで、メニューにないものをつくれないか、提案する。

 

②がなければ、叶えられません。これを思いつくかどうか、実行できるかどうかがカギです。

 

「全部のせて!」が限界だと思ってしまっているとしたら、洗脳されています。完全に。

 

 

 

“ここ掘れワンワン”をスルーしてはいけない

「見つける人」と、「見つけられない人」の違いは、はっきりしています。

 

「掘る」か「掘らない」かです。

 

犬がワンワンして、同じ場所をグルグルして、クンクンしながら、手で地面をカキカキしていたら、迷わず掘りましょう。

ノータイムでシャベルを探しに、ホームセンターへ行ってください。

 

掘って、なかったらなかったです。

「あ〜!なかったか〜!でもいい運動になったな〜。これで腕がゴリっとして女の子にモテちゃうかもな〜(デヘヘ)」

って考えとけばいいんです。あほヅラで。

 

ワンワンしている犬を見て、一瞬で「どうせ何もないだろ」と、行動を遮断する癖のついている人。

埋蔵金欲しくないんですか?

 

これはたとえですけど、「やらない理由」を頭の中で一瞬にしてつくりだして、ガッチガチの言い訳を用意してしまうのは損です。

 

恥ずかしいんですか?

掘って何も出ないのが?

え?恥ずかしいんですか?

掘って、な〜んにも出ない。それだけで?それだけのことが恥ずかしいの?なんで?ねえねえなんで?ねえ!

 

 

ぼくはなんも恥ずかしくないです。

だって、そんなんで埋蔵金出るわけないじゃんwwwwwwwwwww

 

何が言いたいのかって、「素直になりましょう」ってことです。

 

 

埋蔵金が欲しいから掘る。

 

なんか変なもん出てきたらおもしろいし、出なくても、Twitterで書くネタになりそうだから掘る。

 

Amazonでシャベル買って、「うちの犬がここ掘れワンワンしてたから掘ったら何もなかったけどこのシャベル掘りやすっw」っていう記事を書いてアフィリエイト貼って大儲けして、埋蔵金が枯葉に見えるくらいに稼ぐために掘る。

 

 

「掘る」というアクションを「無駄」とか「恥ずかしい」にするか「どう転んでもメシウマ」にするのかは、自分次第ということです。

 

洗脳された社会をリタイアして、新しい価値観で生きはじめると、世界が大きく広くなります。

楽しいですよ。

 

「無責任なこと言うな!人の苦労も知らないで!リタイアなんてできたら苦労しないわ!」ですって?

 

なるほどなるほど。

で、“掘った”んですか?

 

ですよね。掘ってからわめいてくださいね。

「掘る」は「手段」で、「シャベル」が「方法」。

あとはラーメン屋のお話を思い出してください。

これが最大のヒントです。

 

 

 

NO!MAN!! NO!MAN!! YES!MAN!!!

うつになると、圧倒的に「NO」が増えます。

しかたないです。そういうものですから。

 

もしも、なにかのきっかけで、不意に、「あれ?今ならこれ、YESかも…?」って思ったら、なるべく、「YES」と言ってみてください。

それがきっかけで、大きく人生が変わることがあります。

 

無理はしないでください。

ほんとうに“小さな”「YES」のつみかさねでいいんです。

「チリツモ」の精神でいきましょう。

 

ぼくは、自分が今できているから、みなさんにもできる、なんていう考えはしていません。

できなければ、ぼくが代わりにYESを進めます。

 

みなさんはそれを見て「おいおい^^ヤムチャしやがって」と笑っていてください。

 

 

ほんとうに今のぼくがこうしてふざけたことをしていられるのは、奇跡です。

2年前のぼくの状態からすると、信じられません。

 

人が変わったようです。

 

 

これは、きっかけが必要なんです。

 

ぼくは、そのきっかけを、たくさんゲットする環境にありました。

 

 

このブログでは、5年間のうつ生活のうち、2年以上カビの生えた布団で泣きながら寝てすごしたぼくが、なぜか楽しそうに遊んでいる。

 

そんなすがたを、見てほしいんです。

 

そして、それが、だれかのきっかけになってくれたら……って思います。

 

ほんの小さな希望を抱けるような、ホンワカぽかぽか系のメディアをめざして、なるべく多くの記事をあげていきたいです。

 

 

 

ぼくの「YES」とみなさんの「YES」が、少しでも近づいたら、嬉しいなと思っています。

 

 

“きゃろ” でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。