【道の駅】美杉のアマゴ甘露煮がほろほろやわらかくって幸せだった

こんにちは~。

三重県は美杉町の道の駅へ行ってまいったでござる~っ。どんどこどん。

まわりのなにもない感じにビビりながらも入店すると、そこにはおびただしい数の観葉植物的なやつらが並んでいて、思わずシャッターをきりまくっていたら、自動で閉まってきたドアにお尻を殴られました。

まあかわいい植物たちのご紹介はあとにして、とりあえずシソジュースめちゃうまかったよ…

しそジュース

ふひ~っ

 

うま~

シブくって顔がひぃ~ってなります。そんな癖になる味。

小さい頃よくお母さんがシソジュース作ってくれました。

夏がくるとお母さんのシソジュースが飲める。施設暮らしのぼくには夏を彩ってくれる素敵な飲み物でした。

おもいだしてすこし湿っぽくなってました。ひとりで。

 

豆大福

もっちゃもちゃでふわっふわの豆大福。粒のあんこんめえ。

はふはふ食べてたら白い粉が鼻息と共にマウスホールの中にINしてきて、ブフォァッってなりました。気をつけてください。

 

店の前

お店の前にいいかんじに腰下せる場所がありました。

古民家の縁側で涼みながら食べてる気分。

 

二本杉

正面のこの二本杉が目印です。

この道の駅、入口がわかりにくかったです…もうすこしアピールしてほしかった…

 

そーれでっ!さいごにアマゴの甘露煮!!!これがほんっとーっにおいしかった!

アマゴの甘露煮

こんなかんじで、ずら~ってアマゴが並んでいます。

1つのエリアがアマゴで占拠されていました。

この日はとりあえず1本買って、夕飯にチンして食べました。

焼き魚はもともと得意ではなくって、ちょっと3本入りはやめておきました。

 

アナゴの甘露煮

ふぁあああああ~っ!!!!

…ッア!!!…………ぁああああっ、!!。!!

 

アマゴの甘露煮

っっぐっンっ…ぅぐも…っぐうぅっ…

はぐっ……

 

完食

…………っ…ふ……っ……………

 

 

 

まいった。やられた。完敗だぜ。勝てねえ。むりだ。おいしい。

魚は骨が苦手で、喉に刺さったトラウマがどうしても頭をよぎるんです。

でもこの甘露煮、骨ごとイケました…。

最高です…。

ごちそうさまでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。